わたしゃ、いったい日頃何を考えているんですかねぇ的雑文集。
by homeandhome
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
変な人の変な趣味一覧と変な意見。

fuyu's world ver3
カテゴリ
全体

神話

ドラゴン
天使
天使の位階
大天使
堕天使
セフィロース
魔術
雑感
タイトル
映画
ランクル80
RS
未分類
フォロー中のブログ
奄美大島☆撮影日記
『情報と宇宙』日記(旧「...
仙波眞弓のココロ
道草いっぱい
週刊!Tomorrow'...
冬 v2.0
~日本書紀を楽しもう~
◆木偶の妄言◆
青猫
「こんにちわ撲滅委員会」...
万理の頂上 - Ab ...
いたずら小鬼のイヒッチェク
世に倦む日日
Here 
話すコトバをアタシは知らない
すべてがNになる。
中国歴史小説と幻想的な恋の話
虹の螺旋
Small crusib...
饗宴~海からの贈り物
たも。の写真日記
学術系ブログの情報サイト
Soliloquy(独り言)
世に倦む日日
世に倦む日日
最新のトラックバック
おいおいおいwwwwwww
from ぷちょ
はわぁぁぁわわぁあ!!!!
from タラ様
ナスwwwwwwww
from マサマサ
Η(・∀・)イイ!!
from しんや
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
(゜д゜)ウマー
from (´・(ェ)・`)クマー
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
以前の記事
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

正直・・・

Excite エキサイト : 芸能ニュース

きたら怖くないですか(顔的に・・・・)
[PR]
by homeandhome | 2006-05-28 22:08 | 雑感

公共の場所での本

Excite エキサイト : 政治ニュース

公共の場所ではどう著者を選び、どの本を置くか・・・難しい話ですよね。

基本的には賛否両論を置きながら、思考の幅を広げるのがよいかと思います。基本的には言論の自由を奪うような行為は考えなければならないと思います。

一度置いたものは起き続ける。しかし、問題があるならその対論を置いておくのもよいのではないでしょうか。

 
[PR]
by homeandhome | 2006-05-17 22:07 |

ウェールズの赤い竜

赤い竜はウェールズの紋章である。
a0018326_1981850.gif


 「ルッドとルッフェリス」という物語で赤い竜と白い竜の戦いが語られている。蜂蜜に酔って眠ってしまった二匹の竜はブリテン島のオックスフォードで石棺に納められ、埋められているそうだ。この赤い竜はウェールズを表し、白い竜はサクソン人を表している。ドラゴンは陽の力と陰の力が備わり、原初の混沌を表す。白い竜は死の青白い色を、赤い竜は怒りと激しさを表し、いつ何時よみがえってその猛威を振るうか分からない。

 ケルトにおいても中国の思想と同じように王を表すようだ。遠く離れた場所で、同じような思想が存在することに感動を覚える。C.Gユングはその著書の中で元型としてこう描いている。

 「英雄と竜の戦いは『退行傾向に対する自我の勝利』という主題を浮き彫りにさせる。大部分の人々にとって、人格の、否定的な闇の側面は無意識のままである。英雄は逆に暗闇が存在し、そこから力を引き出せると考えたに違いない。竜を打ち負かすほど強くなりたければ、闇の破壊力と一体にならなければならない。言い換えれば、自我はまず暗闇を支配し、これと同化しない限り勝利を得ることは出来ない」

 つまり私たちは誰でも心のなかに「竜=無意識の闇の側面」を飼っており、その竜を飼い慣らした者=英雄を自分たちの支配者として尊敬したのではないだろうか。中島敦が山月記のなかで同じようなことを描いていた。もっともこの場合はその無意識のコントロールに失敗し、外形を虎に変えてしまった例だが・・・。

 
[PR]
by homeandhome | 2006-05-14 19:33 | ドラゴン

つらい・・・

 5/5にテニスを一日友人達とやったため、全身筋肉痛。

 のこり二日間は寝込んでいる状態。

 だるいよ~。
[PR]
by homeandhome | 2006-05-07 08:42 | 雑感