わたしゃ、いったい日頃何を考えているんですかねぇ的雑文集。
by homeandhome
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
変な人の変な趣味一覧と変な意見。

fuyu's world ver3
カテゴリ
全体

神話

ドラゴン
天使
天使の位階
大天使
堕天使
セフィロース
魔術
雑感
タイトル
映画
ランクル80
RS
未分類
フォロー中のブログ
奄美大島☆撮影日記
『情報と宇宙』日記(旧「...
仙波眞弓のココロ
道草いっぱい
週刊!Tomorrow'...
冬 v2.0
~日本書紀を楽しもう~
◆木偶の妄言◆
青猫
「こんにちわ撲滅委員会」...
万理の頂上 - Ab ...
いたずら小鬼のイヒッチェク
世に倦む日日
Here 
話すコトバをアタシは知らない
すべてがNになる。
中国歴史小説と幻想的な恋の話
虹の螺旋
Small crusib...
饗宴~海からの贈り物
たも。の写真日記
学術系ブログの情報サイト
Soliloquy(独り言)
世に倦む日日
世に倦む日日
最新のトラックバック
おいおいおいwwwwwww
from ぷちょ
はわぁぁぁわわぁあ!!!!
from タラ様
ナスwwwwwwww
from マサマサ
Η(・∀・)イイ!!
from しんや
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
(゜д゜)ウマー
from (´・(ェ)・`)クマー
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
以前の記事
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

違和感

Excite エキサイト : 政治ニュース

 よいことなんでしょうが、どことなく違和感を感じるのですよ。結局住宅販売業者がよい目を見るだけでないでしょうか。「貴方の所は耐震構造でないから、立て替えなきゃ」などと言って。
[PR]
by homeandhome | 2005-12-30 10:17 | 雑感

タカ派

Excite エキサイト : 政治ニュース

鷹派、鳩派という言葉があるが、基本的に麻生外務大臣はタカ派の人である。

 たまに考えるのだが、国政においてタカ派と呼ばれるほうが、弱さを感じてしまうのは何故だろう。タカ派が基本的に唱える言葉は「国防」であり、それは「力」によってしかなしえないという。その為、タカ派の人々は常に外に「脅威」をつくり、それに対抗するために「暴力装置」を設置しようとする。国において「暴力装置」は不可欠であるのは間違いない。境界線上は常に理屈の通らない場所であり、そこにはある一定の力が必要だからだ。

 しかし政治家のタカ派はことさらに「弱さ」を演出する。

 子どもに置き換えてみよう。特に力を誇示する子どもがいる場合、その子どもは弱く感じないか。力を誇示し、そして力を求める行為、それ自体が子供じみている。タカ派と呼ばれる人々を見ていると発言的に「子ども」っぽさがにじみ出ているように思う。
[PR]
by homeandhome | 2005-12-25 19:17 | 雑感

ふと思うこと。

Excite エキサイト : 社会ニュース

 最近の紅白ではそれまで拒否していた人々が出ることにより話題作りがされている。例えば松任谷由実などである。昔は紅白出場というものになんらかの「名誉」があったわけであるが、一方でそれを拒否することによる「価値の向上」が存在し得た。

 こうしてかつて拒否していた人々が出てくるのは、紅白に拒否するだけの価値がなくなったからかもしれないとも考えられる。 端的に言うと「かわいそう」と思われているのかも。
[PR]
by homeandhome | 2005-12-21 22:46 | 雑感

ようやく少し溶けたと思ったのですが・・・

Excite エキサイト : 社会ニュース

本日ようやく少し雪が溶け、出勤が楽になったと思ったのですが・・・。

そとは真っ白で、おちおち景色を眺めることもできやしない。

まぁこんな年もあっても良いかと思うのですが、やはりつらいですねぇ。
[PR]
by homeandhome | 2005-12-20 22:02 | 雑感

意味の喪失

Excite エキサイト : 芸能ニュース

 レコード大賞・紅白歌合戦。そこに本来込められた意味は何だったのだろうか。現在の私たちにはもう全く分からなくなってしまっている。こどものころは結構しっかり見ていたようにも思う。歌番組をみんなで見ようという雰囲気だった。レコード太陽・紅白歌合戦を見ることにより大晦日を感じていたのだろう。

 さて翻って、今現在の状況を考えてみよう。昔は大晦日、正月になるとほとんどの店が休みになり、一年の区切りとしてはっきりと目に見える形で感じ取ることが出来た。そのために主婦でさえも「おせち料理」というものをつくって家事をとりやめた。火を扱う所などにお供えをし、一年の区切りをはっきりさせようとした。しかし今はどうだろうか。大晦日だろうが、正月だろうが結構な量の店が開いており、貪欲に休みで活動する人間を目当てに商売を行っている。資本主義の世の中だからチャンスは最大限に生かさなくてはならない。そして年末年始はただの休みになり、ただのイベントと化す。

 それがいけないというわけではない。ただそうして区切りをつけようとしていた時代の番組が今の現状に合わなくなってきているということが言いたいのだ。紅白歌合戦・レコード大賞ともにその句切れを人々に感じさせる番組だった。しかしその句切れを必要としない現在の人々にとって、そんな意味はもう必要なく、ただの歌番組に過ぎなくなる。そうすると必然的にあらが見えてくる。そのことに気づいてない番組作成者は「どうしてくいつきが悪くなってきたのだろう?」と考え込む。単純な話だ。使い古された言葉で言えば「時代に合わなくなってきた」ただそれだけだ。それなのに依然として悪あがきをしている。

 紅白歌合戦、レコード大賞。それぞれ一時代を築いた番組ではある。それが時代に合わなくなってきたのは仕方がないことである。そのことを早く認識すべきだし、引き際を美しくしないと、以前の番組の価値も下がってしまうのではないだろうか。
[PR]
by homeandhome | 2005-12-18 18:05 | 神話

言葉にするということ。

 どうも言葉は難しい。良い返答が帰ってくれば、そこからどんどん会話は転がっていくが、相手の反応次第で尻すぼみになる。会話を成り立たせるためには何が必要なのだろうか。一人で20分ほどしゃべっていると、計画性のない話の場合、すぐにネタがとぎれてしまう。二人で会話している場合、ノリとツッコミで長々と話すことも出来るが、それがうまくいかないとき、不気味な沈黙が流れてしまう。そういうことを考えていると、なかなか話すのは難しいなぁ。

 思うに話す内容は相手の話のレベルをよく見極めて、相手が何を話したいかをうまく引き出して会話できるときに、盛り上がるのだろうと思う。「何を当たり前な」という気もするが、それtが一番難しい。相手が何も話したくはないような状況の中で、相手に何を話したらよいのか。そもそもそんな場を作るなという言い方も出来るが、仕事上そうも行かないことも多い。

 会話というのは常に共同作業であり、相手の土俵がある程度同じレベルに合わせないととなかなか成立しない。そのレベルの確認作業に手間取ると会話が成り立たない。うまく合わせることが出来、なおかつその話題が相手の興味を引くものであれば話はスムーズに流れる。その為のハウツー本はかなり出ている。だからといってそれを参考にして話をしていたら、そのネタがばれたときの恥ずかしさはとんでもないものになる。だから結局は「内容」の勝負である。

 本当に話したい相手と、楽しい会話をするためにはいったいどんなことが必要なんでしょうね。会話の時の絶妙な距離感をどうどう構築していくか。それが問題です。
[PR]
by homeandhome | 2005-12-17 17:03 | 雑感

本質を大事にしてください。

Excite エキサイト : 経済ニュース

 国の放送機関として、営利目的、視聴率目的以外の番組を作ってもらいたい。いざ、というときに国と私たちをつなぐものとして機能して欲しいのです。国から自由でなくてもよいから、企業など、そういう固有の団体から自由な放送局として存在して欲しい。国から自由な放送局はあっても、企業から自由な放送局は民間においてあり得ない。経済の力が大きくなっている現在、「国」の報道機関は必ず必要である。ここでいう「国」とは当然日本国であり、ある特定の政治家を指すわけではない。

 国の情報を国民に流すことがNHKの本来あるべき姿ではないだろうか。それがスクランブル放送になってしまえば、それこそ存在意義がなくなる。視聴率など気にせず、企業にたいして「公平」な報道機関であって欲しい。人が普段見ていなくてもよい。いざというときのために存在する情報機関であればいいのではないでしょうか。
 
[PR]
by homeandhome | 2005-12-15 21:00 | 雑感

いろいろと考えることが多すぎる。

 仕事でも私事でも考えることが多すぎて、しばらく更新が止まっていました。人間本当に余裕がなくなると、いろいろ無茶を考えてしまうものです。冷静に考えると何故あんな行動にでたのか・・・・。

後になってみると様々な部分であせっていたことが見えてきます。

 人間追い込まれると本性が出てくるといわれますが、私の場合、その本性はかなり弱々しいもののようです。

 私は精神的に強くありたいと願う者です。

 その強さについて常に考えていくことが必要です。

 私は結局「自分」がどうありたいかを中心に考えています。しかし、そのことによって誰かを傷つけてしまったとき、後悔してしまいます。

 人間としての強さというのは、どういうものなのでしょう。

 考えれば考えるほど深みにはまっていきますが、その形を捕まえたいと思うのです。


 

 
[PR]
by homeandhome | 2005-12-13 23:07 | 雑感

さてさて売れるんでしょうかねぇ

Excite エキサイト : 経済ニュース

 ちょっとタイトルに嫌みなことを書いてしまいましたが、そんなに売れる物なんですかねぇ。いや、次世代機と呼ばれているゲーム機の機能について正直「欲しい」と思わせるだけの魅力に欠けるんですよね。「画像が美しい」という点はもう売りにはならないように思うのです。
[PR]
by homeandhome | 2005-12-10 14:26 | 雑感

やすみがな~い

やすみがなぁ~い。さけぶしかなぁ~い。っていうことでかなり壊れ始めてしまいました(笑)
[PR]
by homeandhome | 2005-12-09 23:58 | 雑感