わたしゃ、いったい日頃何を考えているんですかねぇ的雑文集。
by homeandhome
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
変な人の変な趣味一覧と変な意見。

fuyu's world ver3
カテゴリ
全体

神話

ドラゴン
天使
天使の位階
大天使
堕天使
セフィロース
魔術
雑感
タイトル
映画
ランクル80
RS
未分類
フォロー中のブログ
奄美大島☆撮影日記
『情報と宇宙』日記(旧「...
仙波眞弓のココロ
道草いっぱい
週刊!Tomorrow'...
冬 v2.0
~日本書紀を楽しもう~
◆木偶の妄言◆
青猫
「こんにちわ撲滅委員会」...
万理の頂上 - Ab ...
いたずら小鬼のイヒッチェク
世に倦む日日
Here 
話すコトバをアタシは知らない
すべてがNになる。
中国歴史小説と幻想的な恋の話
虹の螺旋
Small crusib...
饗宴~海からの贈り物
たも。の写真日記
学術系ブログの情報サイト
Soliloquy(独り言)
世に倦む日日
世に倦む日日
最新のトラックバック
おいおいおいwwwwwww
from ぷちょ
はわぁぁぁわわぁあ!!!!
from タラ様
ナスwwwwwwww
from マサマサ
Η(・∀・)イイ!!
from しんや
初でこれかよw
from パイパソ専門
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
うぇあははあはわ!!wwww
from 管理人
羞!恥!心!
from 金 太 郎
(゜д゜)ウマー
from (´・(ェ)・`)クマー
ぴゅっぴゅっぴゅっ
from ヒットエンドぴゅっ!
以前の記事
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:映画( 12 )

フィールドオブ・ドリームス

Excite エキサイト : スポーツニュース

 ブラック・ソックス事件の呪いは果たして解かれるのでしょうか。
[PR]
by homeandhome | 2005-10-17 22:01 | 映画

ロード・オブ・ザ・リング

王の帰還エクステンデットエディション

二つの塔エクステンデットエディション

旅の仲間エクステンデットエディション

二日がかりでようやく見終わりました。エクステンデットエディションは長いですねぇ。
[PR]
by homeandhome | 2005-08-14 21:24 | 映画

逆境ナイン、よしです。

トラックバックカテゴリ:映画・ドラマ

むちゃくちゃですねぇ。112点差逆転するか・・・。面白かったですが、何よりも良かったのは実は町の描き方でした。演出自体は少林サッカー、カンフーハッスルの系譜に確実にはまりますね。

 特に印象に残ったのは、どことなく暖かい雰囲気の駄菓子屋や、ふるくさいテレビ、野球部の部室、そこから見える風景。動きのおもしろさや設定のむちゃくちゃさに目が映ってしまいますが、画面の構成や色の色調などしっかり作ってあるように感じました。どことなく懐かしさを感じさせる風景。三重県で撮影したようですが、雰囲気がよく伝わってきました。

 馬鹿笑いできる話です。おすすめ。
[PR]
by homeandhome | 2005-07-17 21:56 | 映画

がんばれベアーズ

Excite エキサイト : スポーツニュース

って映画ありませんでしたっけ
[PR]
by homeandhome | 2005-05-27 18:53 | 映画

ホラーー映画

角膜移植への誤解を生む? ホラー映画に眼科医が猛反発 | Excite エキサイト

ホラー映画の醍醐味はそういう「神話」を作るところがおもしろいところでしょう。ブレア・ウィッチ・プロジェクトなども魔女の存在など神話を作り上げながら、ヒットを飛ばしています。ホラーというのは現実から一歩ずらすその恐怖が大事なんでしょうね。

 しかし、一方で移植という行為には様々な神話があります。心臓移植した後その記憶が脳裏に浮かぶとか・・・。私は「記憶」というのが必ずしも脳にだけ存在しているわけではないと考えています。筋肉にもそのとき流れた神経パルスの痕跡は残るのでしょうし、そういう経験も含めて自己を形作っているのだと感じています。

 そういう漠然とした私たちの心を「ホラー」はえぐり出す、だからこそ「恐怖」という感情を呼び起こせるのだし、それがなかったらホラーは映画たり得ない。いや、そんな映画自体が不適切だといわれりゃその通りですが・・。
[PR]
by homeandhome | 2005-05-21 13:33 | 映画

ターミナル・・・うーん。

ターミナル

トム・ハンクスの演技はうまいのですが・・・。

演出がいまいちとちゃいますか?彼のために昔の恋人とよりを戻して特別ビザをとるところも突然だし、仲間をだしに脅されたあとの処理も無理矢理という感じですし。私はちょっと入り込めませんでしたね。

S・スピルバーグにこの手の映画は無理なのかも。やっぱり娯楽超大作がこの人の真骨頂でしょう。こういう情緒を描くのは彼にとって苦手な部類。無理はしないほうがよいのでは。
[PR]
by homeandhome | 2005-05-17 21:25 | 映画

CUBE2

 キューブ(立方体)が無限?に連なる構造。その構造の中から囚われた人々は脱出できるのか。CUBE1.2に共通する構造ですね。キューブという不思議な空間のなかの恐怖の謎解き。

前回は素数の計算でしたが、今回はハイパーキューブ(四次元立方体)。

 CUBE1にはあった救いが、CUBE2にはないのがちょいと難点です。脱出してもそこにも救いはない。この世界に対する強烈なアイロニー。しかし、1にはそのアイロニーの中にも救いがあった(詳しくは映画を見てください)。前回のCUBEは心理劇の要素が非常に大きかったのですが、今回のCUBE2は不条理が中心になっているような気がします。そこには理由無く狂気の中に陥っていく人々が描かれています。何故そうなってしまうのか、その理由の描き込みが正直2には足らない。1のほうではそのそうなっていくのがよく分かる(=理解できる)のですが、今回はその進行があっさりしすぎている。それぞれに抱えた苦悩が全く表れず、淡々と過ぎていくような漢字です。

どうも2作目がよかったと思えるような映画ってなかなかないですね。
[PR]
by homeandhome | 2005-03-21 00:59 | 映画

遠い記憶。

 ふとしたことがきっかけで古い記憶がよみがえることがあります。大抵その記憶は断片的で完全に思い出せないもどかしさがあります。

本日ふと思い出したのは小さいときに町の公民館でみた映画。確かサリドマイドの薬害のため、両手が不自由な女の子の映画でした。しかし題名が思い出せない。涙を浮かべながらみたのを思い出したのですか・・・。

 何がきっかけでそんな記憶が呼び起こされたのかは分かりません。さて・・・。
[PR]
by homeandhome | 2005-02-15 22:09 | 映画

LOVERS見たんですが・・・。

チャン・イーモウ「LOVERS」

 正直な感想言っていいですか・・・。

 最初のシーンの小妹(チャン・ツィイー)が踊り子として踊っているシーンに代表される「映像美」という点では確かに一級品なのですが、ストーリーは?という所です。「HERO」と比べると練りが甘いような気がします。金(金城武)の生き方や、劉(アンディ・ラウ)の愛憎、小妹(チャン・ツィイー)の揺れ動く心などがうまくかみ合っていない。メイキングの中でチャン・イーモウがそれぞれの人物に仕掛けを施したと言っているが、それが映画の流れを悪くしているような気がします。

 武侠映画とするなら、外連味一杯のアクションで見応えはあります。どろどろの愛憎劇がいまいち好きではないのでちょっと私はストーリーに入り込めなかったのですが、どうでしょうね。私は「HERO」のほうが良かったなぁ。
[PR]
by homeandhome | 2005-01-29 20:10 | 映画

カンフーハッスル。

 カンフーハッスル見てきました。昔のジャッキー・チェンの映画を見ているようで、実に面白い。予想通りというか、お約束の嵐でもうスカッとしました。

 そのなかで一番心に残ったのは斧を使う悪の組織です。その悪の組織の間抜けっぷりがよかった。なにか懐かしい感じがする「ラインダンス」など、らしい映像で、怪しくていい雰囲気を出していました。またカンフーの達人達の意外性。どこにでもいるオッチャン、オバチャンが実はかなり強いというお約束展開。また泣かせる場面もあり、実に面白い。

 
[PR]
by homeandhome | 2005-01-09 19:01 | 映画